[携帯モード] [URL送信]

墨の香りの宝物

(完結済)



あらすじが下部にあります


●目次●
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.十(完)


静夏(せいか)は書の上手な娘である。
あるとき、その腕が皇帝の目にとまり、静夏は宮中に呼び出される。
皇帝は静夏に、年の離れた妹に書を教えてやってほしいと言うのだ。

いまの皇帝鴻秀(こうしゅう)は先帝の弟皇子で、まだ即位したばかりだった。
先帝、つまり鴻秀の兄帝は若くして崩御し、后にはまだ子がなかったので、弟皇子である鴻秀が即位したのだ。

しかし、鴻秀の即位後、兄帝の后の懐妊が判明する。
彼女やその父親は、生まれた子が男子なら位を譲れと鴻秀にせまっていた。
だが、その件に関して、鴻秀はなぜか諾否を明確にしない。

また、兄帝の后は父親と一緒になって、今度は彼女の妹を鴻秀に嫁がせようとしていたのだが、それに関しては鴻秀は断っていた。

静夏は鴻秀の妹に気に入られ、日々楽しく過ごすこととなった。
妹を可愛がっている鴻秀とも少しずつ親しくなっていく。
だが静夏は、なぜ鴻秀が兄帝の遺児に位を譲るか否かを明確にしないのか、気になっていた…。

※「筆耕(ひっこう)」=報酬を受けて、書き写したり清書したりすること。パソコン全盛の現代でも、賞状や席札などにおいて、この仕事が成り立つようです。

2009年7月21日up


[戻る]


無料HPエムペ!