[携帯モード] [URL送信]

Main
イジメ…?


「はぁあああっ…。」


オレは大きなため息をついて、自分の席に突っ伏した。



「…何だ、鬱陶しい。」


そんなオレに、前の席で読書に耽っていた西崎から、冷たいお言葉。


「だって……ねぇ、ハルちゃん。オレ、狙われている気がするんだよね。」


今日の鉢植えだけでは無い。
ここ数日、階段から突き飛ばされそうになったり、教科書に剃刀が挟んであったり。

…そのお陰で、生徒会会計さんと、お話しちゃったし☆


畜生…弊害までもたらしやがって…中々やるな。
いじめっ子め。

「お前みたいな平凡、誰も狙わないから安心しろ。」

真剣に言った言葉は、バッサリと切って捨てられた。


酷っっ!!


「へ、平凡だって狙われる事くらいあるもん!!平凡だって生きてるんだからぁあっ!!」

「へぇ。狙われるって、誰にだ?」

「え?…えーと………ヒットマン、とか?」

ハッ。





……鼻で嗤われた。

[*前へ][次へ#]

28/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!