[携帯モード] [URL送信]

番外書庫
20000Hitキリリク◇後編◇



「父さん。今まで一回でも、ここまで母さんが迎えに来た事ある?」
「んー。ないね☆」
「だよねー(星)」
「じゃないよ!?ほら早く行ったら?母さん待ってるって」

ブラックコーヒーを手に持ったまま放さない父さんは目をキラキラさせ頷くと、走り出した。
勿論、目的地は母さんの部屋だ。

「ねぇ…おじさんのあれ。治らないの?」

呟く光季は、どこか遠くを見ている。

「そんな事言ってもしょうがないよな。父さん、母さんにたいしてだけヘタレだから」
「……ヘタレだな」 「お仕事なさってる時は凄い方なんですけどねぇ…」


皆の『如月 純也』に対しての思いが同じと言う事を再確認し、嵐が去った静かなリビングに四人の溜め息が落ちた。

「…ちーちゃん、アールグレイ持って来たんだけどティータイムしない?」
「…そうだな」
「…ん」
「では私が淹れてきますね」







―カチャッ
「あ。母さん今日会議で部屋に居ないんだった」







こうして如月家の一日は過ぎていく。




―夕方の千織自室―

「ねぇあなた」
「千織さんどうしたの?」


机の上に仕事の書類を広げ、吟味していた千織はふと前に座っている夫に話を振ってみた。

「あの子達の仲って良いのかしらね?」
「めちゃくちゃ仲良いよー、千純が末っ子気質らしいから可愛がられてる」

んーと背伸びしながら答える。

「…あれは甘やかされているのかしら?私は反対に、千純は飼い主気質…面倒見良しな性格だと思うわよ?」

夫は少し悩むと、

「んー、まぁ分かるのは千純は僕と違って受け気質って所かな?」

くすくすと栗色の髪を揺らし笑っていた。

……受けって一体何かしら?





◇◆◇◆◇◆◇◆

和佐見様遅くなってすみません!


頂いたキリリクを私が書いたらこんな化学反応を起こした上、如月家全員+α集合させたら何か長くなりました←


キリリク本当ありがとうございましたv

亀すぎる更新ですが、これからもよろしくお願いします\(^O^)/

090731 柚希拝。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!