[携帯モード] [URL送信]

番外書庫
拍手御礼SS!!<<静&千に20の質問>>
▼先輩と後輩に20の質問▼


▼[--] ようこそいらっしゃいました。お2人とも、今日はよろしくお願いします。

静羽「よろしく」

千純「よろしくお願いします」


▼[01] お名前をひとりずつお願いします。

静「左京静羽。読み方は…分かるよね?」

千純(千)「俺は如月千純です。読み方はキサラギ チズミ」


▼[02] どちらが先輩ですか? また、年齢差はどのくらいですか?

千「先輩後輩っていうか…年齢は俺の方が上で、」

静「学校にいる年数は俺の方が上。つまり俺の方が先輩」

千「まぁそうだけどね。ちなみに年齢差は二歳。実は二歳しか離れて無いんだよ…」

静「年齢差有って無いようなモノだよな。十歳差ならまだしも、二歳差なら尚更」


▼[03] お2人は何の先輩・後輩なのでしょうか?

千「学園?」

静「一応そうなるかな」


▼[04] お互いを何と呼んでいますか?

千「ふつーに左京」

静「理事長。二人きりの時は千純」

千「何で、その使い分け?」

静「千純も二人きりの時、俺の事『静羽』って呼んでくれるなら教えて上げる」


▼[05] お2人が初めて出会ったのはいつ頃ですか?

千「始業式後の生徒会室…だよな?」

静「遅刻したが抜けてる」


▼[06] 初めて会った時の、お互いの印象をお聞かせ下さい。

千「うっわー、凄い美人」

静「上の上か…これで馬鹿で無ければ可愛がってやるよ」

千「お前最悪だな…」

静「褒め言葉と取っとく」


▼[07] お2人の仲はよい方だと思いますか? また、ケンカはなさいますか?

千「時々身の危険感じるけど、適度に仲良いよね?」

静「仲は良くないだろう」

千「嘘っなんで!?」

静「内緒」


▼[08] 先輩の方は、先輩として後輩へどのようなことを指導していますか?

静「俺の下で喘ぐ方法と、キスの仕方」

千「いや、俺そんなの習って無いから!!」


▼[09] 後輩の方は、先輩をちゃんと慕っていますか?

静「大好きだよね?」

千「大好きと言うか何と言うか…」


▼[10] 何か出会い始めの思い出を聞かせて下さい。

千「俺この質問パス…」

静「勿論、放送室のキス」
▼[11] 以前と変わったな、と思うところはそれぞれありますか?

千「左京のドSっぷりが進んでる気がする」

静「千純の周りがウザイ」


▼[12] プライベートではよく一緒に遊んだりしますか?

千「プライベートでは遊んだ事無いよね」

静「上に同じ。生徒会関係なら鬼ごっこを一回」


▼[13] 悩み事を聞いてあげたりすることはありますか?

千「悩み事…あるの?」

静「無い。千純の悩みはベッドの中で聴いてあげる」


▼[14] お互いをどのくらい信頼していますか?

千「生徒会関係の事を全て任せられるくらいに」

静「俺が寝てる横に居ても良いくらいに」


▼[15] 相手のここが許せない!

千「どんな時でもドS」

静「男なら誰でも寄ってくる千純自身」


▼[16] 先輩・後輩の関係を超えてしまうことは…?

千「……。」

静「隙が有れば」


▼[17] (↑続き)超えてしまうことがある場合、どちらから超えたのでしょうか?

静「そんなの決まってる」

千「俺からは絶対に無いっ!!」


▼[18] ここだけの話、相手の弱味や秘密を握っていたりしますか?

千「左京に弱みってあるの?」

静「嫌いなモノなら有るよ。千純の秘密知りたいな」

千「…嫌」


▼[19] この先輩でよかった、この後輩が来てよかったと思うことをそれぞれ教えて下さい。

静「目の保養。苛めたくなる」

千「頼りになる。皆を纏めて…くれてる?」


▼[20] 最後に、お2人でメッセージを交わして下さい。
千「これからもあの生徒会をよろしく頼んだ」

静「千純が俺の部屋で寝起きしてくれたら考えない事も無いよ」

千「その条件の意味は何なんだ…」


▼[--] お疲れ様でした。



[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!