[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「起きていたいなら起きてていいよ。
 
 俺は寝るから。おやすみ」

「やだやだ! ぼくも寝るっ」


 別に脅したつもりはないのに、麗はそれ

以上何も言わずに布団に潜り込んできた。


 さすがに二人でシングルベットは狭いの

で、床に布団を並べて敷いている。


「じゃあ電気消すぞ?」

「うんっ」


 弾む返事をする麗はまだまだ眠くなさそ

うだったが、とりあえず寝てみよう。


 寝てみて寝られたらよし。

 寝られなかったら…兄貴は狸寝入りでや

り過ごすしかない。


「お兄ちゃん、そっち行ってもいい?」


 部屋の明りが消えて闇に包まれ、俺が布

団体を横たえるのすら待てないように声が

かかる。


「いいけど…」


 ゴソゴソッ、ぎゅうっ


 呆れた、と続ける暇もなかった。

 最初からそのつもりだったらしい。

 片腕に抱き着いてきた麗はその肩に頬擦

りしている。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!