[携帯モード] [URL送信]

アクマ






 はっきり言えば、飢えていた。
庭のバラで、今はごまかしが効いているが


柔らかい幼子の血と、働き盛りの青年の血が目の前にぶら下がっているのだ。
チョコレートを前にして、砂糖水をなめるようなソレにイライラが募っていた。


けれど、2人から味見する気も起きず…
空腹と意地の間で板挟みになっているのだ。






 2人の食事が終わったのを見計らって、速やかに皿を下げ 台所に逃れて



人気の無い冷えた空気の室内に一歩踏み込むと、力尽きたようにへたりこみ気の抜けたため息を吐いたのだった










[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!