[携帯モード] [URL送信]

Main
6
※未来視点です。


ガクガクと、体が震えた。


怖い、


怖い…!!


「…どれほどオレが、あの子に焦がれているか、分かったでしょう?哀れな存在だと、同情したのでしょう?……ならば教えて下さい。早く、あの子をつれて来て。」


ギリ、と僕の顎を掴む手に力が込められた。


「…っ、」


身を乗り出し、間近で瞳を覗き込まれた。


ゾクリと背中があわ立つ。


狂気に満ちた瞳に、僕は気を失いそうになる。



この人にとっては、本当に『あの子』が全てで、他は何の意味も無いものなんだ。


自分の過去も、自分自身さえも、『あの子』に辿り着くための道具でしかない。


「早く…!!」


ガッと首に手がかかる。


「っ!!」





ごめん、



ごめん―――斎藤。



僕は、これ以上、あらがえる自信が無い。



こんな常軌を逸した人を相手に、



お前を庇いきれる自信なんて、無い。


.

[*前へ][次へ#]

16/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!