[携帯モード] [URL送信]

Main
寝呆け王子


「………………。」


しずかちゃんは、ぼんやりとした瞳で、オレを見つめる。


琥珀の様なその瞳に、自分が映っている事を不思議な心地で見つめていると、しずかちゃんは、そのままの体制で、オレの頬に手を伸ばした。


長くて形の良い指が、するりとオレの顎と頬を撫で、親指が唇を辿る。


「…っ、」

「…………。」


くすぐったくてピクリと反応すると、しずかちゃんは甘く瞳を眇め、


フワリ、と


まるで花開くように、笑んだ。


「っ…!!」


うっわ…!!


オレは思わず、鼻を押さえそうになった。
だって、美形の無防備な笑顔なんて、凡人には刺激が強すぎる!!


「…………、」


しずかちゃんは、とても嬉しそうに、幸せそうに笑んで、オレの髪に指を絡める。



………ん?


何故か、ゆっくりと引き寄せられ、しずかちゃんの綺麗な顔が徐々に近付いてくる。


……いやいやいや。

この距離は色々とまずくないですか?


吐息がかかる距離にあるしずかちゃんの顔。
しかも、オレを導くように引き寄せる指先は、明確な意図を持っており。


此処まで来て漸く、オレは焦りだした。


この人寝呆けてる!!絶対!


.

[*前へ][次へ#]

3/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!