[携帯モード] [URL送信]

Main
小台風、上陸。


―――深夜突然、嵐が来襲した。


「よ。」


「…………。」


真夜中の訪問者は、いつもと全く変わらぬ様子で、軽く手を挙げる。


その様が、あまりにも普通で、オレは一瞬、自分の居る場所を見失いそうになった。


数秒、扉を開けた姿のまま、フリーズする。



………オレは、何も見ていない。


自己暗示をかけながら、ゆっくりと扉を閉めようとしてみた。


スス…
ガツ。


「…何閉め出そうとしてくれてんだ。あ゛?」

ひぃーっ!!

閉まりきる寸前、扉の隙間に足を突っ込まれた。

悪質セールスか!?アンタ!!


扉の隙間から半分だけ見える目が、ギロリと凄む。


訂正訂正………ヤ○ザだ!
ちっちゃいヤ○ザだ!!この人!!


ググッ

きゃーっ!!


力技で無理矢理扉を抉じ開けて、ちっちゃいヤ○ザが押し入って来た。


「手間取らせんじゃねえ!」

チッと、舌打ちする姿はホンマモンっぽい。


.

[*前へ][次へ#]

2/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!