[携帯モード] [URL送信]

Main
2


「相変わらずメンドくせぇな、お前は。」


オレより目線が低い美少年は、男前な顔で、そう言い捨てた。


「…突然押し入ってこられたら、普通こんな反応なんですよ?青さん。」


脱力したオレは、それでもリビングへと、青さんを迎え入れた。


そう。
このちっちゃいヤ○ザは、《陰/陽》の幹部、青龍こと青さん。


ちなみに会った当初、青龍さん、て呼ぼうとしたら怒られて、こんな呼び方になった。

イタい呼び方すんな!!って。


…それ言っちゃあ、皆、結構恥ずかしい呼び名だと思う。


オレの『陰』は、実名の凛と同じ響きだから、あんま気にならないけど。


「ここで『青さん』なんて呼び方してたら、一発でバレんぞ。本名で呼べ。」

「いや、知らんですし。」

「清水凪だ。」


言い淀む事無く、オレがシレッと返すと、青さんも至極アッサリと言い切った。


おお!本名言っちゃったよ!この人。


…まぁ別に、言ったら呪われるとか、戸籍売られるとか、そんな事は全く無いんだけど。


.

[*前へ][次へ#]

3/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!