[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 19





日比野の唇が緒方の耳元を離れて。まるで、赦しを得たように、そっと緒方の頬に唇が寄せられた。

「──くすぐったい」

首をすくめてクスクス笑うだけで、緒方は抵抗しない。
嫌悪感も抵抗感もなぜか感じなかった。

前髪を撫で上げられて、そこにもキスを贈られながら、緒方は不思議と幸福感に満たされる。

「──なに?」

まぶたを閉じて、訳を訊ねる。
もう一度、今度は目尻にキスが贈られた。

「どうして?」

「好きだから」

「キスが?」

「おまえが」

その理屈が緒方には釈然としない。

「好きなら…友達にもキス?」

「ああ……」

緒方は少しだけ不満を感じた。
皆にこんなことをしているのか…と、嫌な気分が隠せない。

「誰でも?」

その表情を読んで、日比野は穏やかに顔を綻ばせた。

「──おまえだけだ。緒方」

そうささやいて、日比野はまた緒方を抱きしめた。

贈られるキスは友人の域を越えている。
そもそも、男同士の友情の証しに、こんな行為を誰がするのか。
しかし、それは決して嫌悪する事ではなくて、好きだった日比野がとても身近に感じられて嬉しくもある。
緒方は、よく回らない頭で考えてから、日比野の事を『変な奴』と言える立場ではなかった事に気付いた。



やがて、例えようのない安心感に抗えないまま、緒方は心地好い眠りに引き込まれた。





戻る


[*前へ]

19/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!