誰かに聞いた怖い話
・・・秘伝4
.
『叔父がまだ幼い頃に、世間を騒がせたあの事件がおきたそうなんだ』

『その頃叔父は、まだ幼かった…だから、その話についての叔父の記憶は、大分曖昧だった筈なんだよ』

『これから話すこの話も、叔父が成長し周囲の様々な人々から耳にした情報を、叔父がその時に経験した事だと、自分自身で記憶を作り替えているかも知れない…勿論、その話を聞いた僕も、全てを記憶している訳じゃないから…そのつもりで聞いてくれないか…』

病院長の息子は、そう前置きをしてから、彼の叔父との会話を思い出す為に、揺らめく焔を暫くの間見つめていた…





その一家が大陸に渡ったのは、まだ戦争など始まる遥か前の事だった

住み馴れた日本を後にして、まだ見ぬ新天地へと向かう人々には、余人には窺い知れぬ様々な事情があったのだろう

だから人々は、明るい未来を…これから向かう新天地で成功して、故郷へ…日本へと錦を飾る日を、夢見ていたに違いない

船の船尾から日本を見つめる、その一家も…





『駄目だ…もう終わりだ…』

その一家が大陸に渡ってから、既に数年が過ぎ去り、一家の支えとなるべき主人は、色々な事業に手を出しては、失敗を繰り返していた

[前頁へ][次頁へ]

4/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!