[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
3


ビシャァァア!!



「ぎゃぁぁぁぁあ!!」


ポイズンクッキングを受けて見張りが倒れた。
…つか、倒した?


「美味しさのあまり気絶したわ」


どういう解釈をしたらそうなる。


「後で隼人に食べさせましょう」

…あ。
私のせいなのか?これで隼人君は可哀相な事になるのか?


私は隼人君の肩に手を置いた。

「ごめんね、隼人君」

「はぁ?んだよ急に」


気にすんな、と背中を叩いた。




───扉の前に二人。
後は…いない、みたい。


よし、行ける。



来い来いと手で合図をして二人を呼ぶ。
狙いは…たぶん私じゃなくて、この二人。だって私の事知ってるマフィアなんて、いないもの。


小さくしておいた愛用している長棒をチャキッと長くする。
死ぬ気丸を飲んで、長棒に死ぬ気の炎を送る。


準備…OK。

「行くよ」


コクッと頷いたのを確認して、扉を突破る。


「「!」」




邪魔です


長棒で力強く相手を殴る。
頭を狙えば一発だ。

もう一人はビアンキさんと隼人君が協力して倒したみたいだ。



「今だ!逃げろっ!」



後は…


猛ダッシュだ。







(逃げる、何処に?)

(とにかく、街に)

[*前へ][次へ#]

7/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!