[携帯モード] [URL送信]

ー2000HIT企画小説ー
4














「けいじー、どうだった?」



と聞こえた。
私がその名前に反応して

『私の名前はゆり!!』

と言おうとした時、








「んー‥ふられた」








と声がした。




バッと振り向くと、
さっきの告白してきた
女子が1年生らしき男子と
話している。








「ちょっと待って!!」




「‥‥は?」








私が大声を出すと
その女子はビクッとし、
隣の1年生は

「は?」

と答えた。








「‥‥誰が、
ケイジだって!?」







*前*#次#

5/12ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!