[携帯モード] [URL送信]

愛しき殺し屋
side榊


久々に和泉の仕事を間近で確認したくなり、同行した。

相変わらず、仕事を楽しんでる様子の和泉。
それは油断に繋がり命取りになるから、止めなさいと言ってるのに。

小さくため息をつくと、後ろから一人の気配を感じた。
一人……、同業ではないようですね、気配がまるで素人。

そんな事を考えていたら、和泉の仕事が仕上げにかかっていて、ターゲットは呆気なく絶命した。

「お疲れ和泉、後で説教です。もう少し真剣にやってもらいたかったですね。遊びが過ぎますよ?私は用事が出来たので、先に帰っていてください」

「えぇ!!……つい楽しんで殺ってしまっ。……はぁ説教か」


肩を落とす和泉は素早く仕事場から離れ、暗闇にまぎれる背を見やった。


「今度はこっちか、さてどうしたものか」

私は物音を立てず気配を消し、こちらを見ていた人物の後ろに立つ。
月が雲によって隠され、闇に私の姿を紛れさせるのに好都合だった。

まだ十代くらいの女の子。
服装などの身なりを見れば、どこかのご令嬢と言ったいでたち。

しかも雨の中ずっといたのであろう、全身ずぶ濡れになっている。
雲の切れ間から零れる月の光が彼女を映し出し、黒く長い髪や服が、身体に張り付いているのがわかる。


「お嬢さんどうかしました?雨降る夜更けに傘も差さずに、……ずぶ濡れですよ」

「あ……」


私の声に振り向いた彼女の生気のない澱んだ瞳が、ぼんやりとした月明かりに照らされた。

今は春とはいえ、まだ四月。
長時間雨に晒されていたんだろう、白い肌が青白く見える。


「見ていたんですか?」

「……はい」


いくら雨の中とは言え、見られてるのを気づかなかったのは私の失態。


「困りましたね」

「私も殺して」


自嘲めいた笑みを漏らせば、彼女は妙な事を口走った。
命乞いや媚を売るのはわかるが、死にたがるとは。

この娘は一体……。


「どうしてですか?」

「この世に……未練なんてないんです、私の居場所なんて……」


彼女の言葉の語尾が小さくなったかと思うとズルリと身を崩し、私は咄嗟に腕を伸ばし彼女の身体を支えた。


「……本当に困りましたね」


なぜだか放っておけない気になった。
いざとなったら、暗示をかけて記憶を閉じてしまえば良い。

取り合えず、私の手元に置いておこう。

……単なる気まぐれだった。





[*前へ]

4/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!