[携帯モード] [URL送信]

銀魂短編
★* ごめんね? 沖田






『ねぇ…総悟。私、もう貴方と桜を見れないかも』

病院の窓から真っ白な外を見ながら夏帆は言った。

「…なに言ってるんでィ。病気治して一緒にまた桜見るって約束したしたじゃないですかィ!」

そうだ…約束したんだ。死なせなんてしない。

『自分の体のことは自分が一番知っているって言うでしょ?』

「……。」

『最近ね、そろそろダメになってきたかなぁって……ッ!!』

思わず体が勝手に動いてしまっていて気が
ついたら自分から夏帆の口を自分の口で塞いでいた。

『そ、総悟…。』

「…続きは言わせねェ。約束…したろィ。
必ず桜を夏帆と一緒に見るってねィ。」

『うん…。ごめんね。絶対ミツバさんの時
みたいに悲しい思いはさせない。総悟を置いていかないよ。』






(夏帆。見えてますかィ?桜が綺麗でさァ…)


あとがき
なんかかいてたらごちゃごちゃしてよくわかんなくなった…。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!