[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 おかしい。

 こんなの間違ってる。

 俺は男で、目の前にいるのも男で。

 触ってもないのに、なんで…っ。


 信じたくない。

 でも体が熱い。

 舌や歯の感触に体はいちいちビクビクと

反応して声が漏れる。

 生理反応なのに胸が反るのがまるで欲し

がっているように見えていたたまれない。

 自分の意志では指一本動かないくせに無

意識の範囲でなら体は動くようで、それを

抑え込むのは不可能だった。


 青年は繰り返す間に覚えていっているの

か、弄る所作が的確になっていく。

 どうすれば気持ちよくさせられるか考え

て、繰り返して、自分のものにしていって

いる。


「んッ…」


 すでにジンジンと尖っている突起を舌で

上下に繰り返し弾かれる。

 そしてそれが途切れた直後に突起を食ま

れ引っ張られた。

 下肢の熱が耐えきれずにとろりと蜜を零

す。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!