[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「お兄ちゃんはぼくのこと好き?」

「そりゃ好きだけど、今は麗が好きな人と

 キスをする話だろ?俺は家族だし」

「お兄ちゃんだよ」

「え…?」


 嫌な予感が首筋を撫でた…気がした。


「ぼくの好きな人、お兄ちゃんだもん」

「麗…。それは違う。

 俺は家族だよ。お兄ちゃん、だ。

 好きな人でも家族だ。

 恋人の好きとは違う」


 そう。ただキスに憧れているだけ。

 家族への愛と恋人への愛は違う。

 混合しちゃいけない。

 麗にはまだ家族に対する好きと恋人に対

する好きの違いを理解していないのだ。

 ただ、それだけ。




 そうに決まっている。

 …歯車が狂ってしまってるのは兄貴一人

でもう手一杯だ。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!