[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
人間の好奇心
 





「……どこで見た?」



小さく静寂を破る声。




「え……ッて坂本行く気か?!」

「やめとけ死ぬぞ!!」

「お前親の会社継ぐんだろ?!」





まるで特攻隊の志願兵にかける言葉だ。



「……俺も見に行く。」

「保田?!」

「大丈夫だよ。……ホラ、物影から見てすぐに顔引っ込めれば……」








「……行く?」

「あぁ……」

「俺も……自分の頭がおかしくなったんじゃ無いか……確かめに行く。」



皆一様に好奇心は抑え切れぬみたいだ。







「……で、本田。何処?」



「この先の談話室前……」




その4人の背中はさながら死地に赴く様に哀愁を漂わせて(笑)

[*前へ][次へ#]

49/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!