[携帯モード] [URL送信]

向日葵の君
忘れられない人2
 
「お待たせしました」

振り向いた土方は、煙草を口に持っていこうとした状態で再び数秒停止する。
嫌な予感は的中。
着替えて店から出てきた茜は、牡丹色の着物に身を包んでいた。

「……なんでそっち着てるんだよ」

煙を吐き出した土方は、不機嫌な声で言った。

「いけませんでした?」

明るく店から出てきたのに文句をつけられ、茜は意味がわからず戸惑っているようだった。
その様子にあまり強く言えなくなる土方は、心持ち優し目の声を意識してみた。

「いけないことはねェけど…俺はもう一つの方が似合ってるって言っただろ?」
「もう一つは私が選んだでしょう? こっちは土方さんが選んだ物だから」
「選んでねェよ!!」

つい、また声を荒げてしまう。

「あ……ごめん。悪ィ」
「……」

しまった、言い過ぎた。

このあと茜は、今にも泣きそうな視線をぶつけてくるか、泣きそうなのを無理矢理我慢していじらしく微笑むか……。

土方はそんな予想を立ててみる。
正直どっちも苦手なパターンだ。

「茜?」
「どうしてこっちじゃ駄目なんですか? さっきから土方さん、おかしいです」

予想に反して茜は、真っ直ぐに瞳を見据えて反論してきた。
思いがけない展開に、土方の方が戸惑ってしまう。

「ごめん。駄目なことはねェんだよ。ちょっと……なんつーか、もう一つの方が俺はいいと思っただけで……」

なんで俺謝ってんの?
今日ずっと俺の方が後手に回ってねェか?

苦しい言い訳を口にしながら、ふと思う。

「わかりました。私、土方さんの前では、もうこれ着ませんっ!」

呆気にとられる土方を尻目に、茜はスタスタと歩き出した。

「おいっ……!」

土方の声を無視して精一杯早足で進む後ろ姿は、やっぱりどこか可愛い。
思わず鼻で笑ってから、早足で追い掛ける。

「おい、待てって」

どうしたって足の長さが違うので、あっという間に追い付き横に並んだ。

「茜」

普段あまり呼ばない名前を呼ぶと、茜は素直に足を止めた。

「悪かった」

土方の言葉に茜が顔を向けたが、その表情が土方にはまるで読み取れなかった。


「土方さん、誰かを思い出してるんでしょう」


いきなり核心を突かれた土方は、思わず生唾を飲み込んだ。

なんでわかるんだよ。
こいつエスパーか!?

答えに悩む。
何でわかったなんて言えば、「はい、そうです」と白状してるようなものだ。

「何言ってんだ……お前」

適当な言葉で茜の出方を待つ。

先に茜の方が表情を崩した。
まだ茜のペースに乗せられたままの土方を、いたずらな笑みを浮かべ見つめて言った。

「当たってるでしょ?」

そうなんだよな。
出会った時のことを思い出してみろ。
コイツ案外肝が座ってんだ。

「なんか……すげェ女だな、お前」
「土方さんが女の勘を甘く見すぎなんです」

完全に気圧されている土方に、茜はふて腐れた声を返した。

「おい、次はどこだ?」
「……お団子食べます」

女の勘ねェ。
とてもそんなもんが冴え渡っるようには見えないが。

並んでゆっくり歩きながら隣の茜を横目で見る。

最初は彼女を思い出してしまった牡丹色。
もう今は、可愛くむくれた茜のイメージが強く重なってしまっていて。
次に茜がこれを着ていたら、きっと今日の日のことを思い出してしまうような、そんな気がした。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!