[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*



 麗はすでにそのつもりなのか、俺の頬に

キスして耳の端を食んでいる。


「麗…。こんなことしてたら癖になっちゃ

 うだろ」

「いいもん。ぼくはお兄ちゃんがいい。

 お兄ちゃんと、したい」


 わざとか。わざとなのか…。


「麗。俺は“お兄ちゃん”だろ?

 お兄ちゃんとこんなこと、何度もしない

 んだぞ、普通は」

「よそはよそ、うちはうち」


 …どこでそんな減らず口を…。


 頭を抱えたくなる。

 麗には“普通”が通用しない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!