[携帯モード] [URL送信]
カケオチごっこ



野球から地元から離れて3年。

東京に就職先を決めて、一人暮らしを始めて。

最近溜息増えたなあ、なんて思ったりして。










「あー‥疲れた‥‥」


独り言呟いてアパートまで車を走らせる。1人なのだからと借りた部屋は1K。まあ広過ぎても掃除とかが大変だし別に良いけど。

駅もスーパーも近いし、職場には車で20分程度。家賃も調度良いしこんな好条件では文句もない。



俺の住んでいるアパートは1階。外から直接入るから、玄関のドアは駐車場からよく見える。いつもの風景に違和感を覚えたのは、車を停めて降りた時だった。


(あれ、誰かいる?)


俺の部屋のドアの前に蹲っている人が。恐る恐る近付いて、しゃがんで顔を覗き込んで。



「‥‥阿部?」
「あ、はない‥‥?」


眠っていたのか、少し回っていない舌で俺の名前を呼びながら顔を上げた。そこで確信する。今目の前にいるのは紛れも無く俺の恋人阿部隆也だった。


「何でここに?」
「いいから‥家入れて」


まだ眠いのか目を擦って言う。とりあえず鍵を開けて阿部を立ち上がらせると部屋に入った。





「ほら、降ろすぞ」
「花井ぃー‥会いたかった‥‥」


ぽつりと呟かれた台詞に顔が熱くなる。どうしたというのだ、いつもの阿部ならこんなこと頼んでも言わないのに。



「阿部、何で来た?」
「電車‥‥」
「家の人には言ってきたのか?」


阿部は西浦高校卒業後、大学に進んだ。実家暮らしだからまさか家出かと思って聞いたのだが、質問に答えず黙って首に腕を回してきた。


「阿部?」
「今日泊まるから‥‥」


ドキリとしたのもつかの間、阿部はそれだけ言うとベッドに寝転んだ。余程疲れていたのかすぐに寝息が聞こえてくる。





(明日聞けば良いか)


どうせまた弟と喧嘩したとか何かだろう。そう思って阿部に布団を掛けてやると俺はソファに横になった。








久々に会った阿部の手が少し震えていて、無理に帰すなんてこと出来なかった。

だからといって抱き締めて眠るには理性を保つ自信がなくて。

高校の時よりは遥かに歯止めが利くようになったつもりだけど、やっぱり阿部が好きだから。




.

[*Back][Next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!