[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
003
陽汰の仮入部の日。
奏汰までもが付き添い、部室に姿を見せていた。

『それでは、姉様の事、宜しくお願い致します』
『妹ちゃんは、入らんの?』
『家庭の事情がございますので』
『負ければ、落ちるなんて、一緒よね〜』
『……何かあれば、連絡下さい。直ぐに駆けつけますから』
『大丈夫よ』
『………ますます心配です』
『過保護』
『姉様!』

そんなに心配なら、一緒に入部すれば良いのに、と思う。
けれど、奏汰は首を縦に振る事はなかった。

『メニューは普段通り+α加算致しておりますので、悪しからず』
『悪魔め』
『……何か仰いまして?』
『ねー、今日は外食にして、一緒に居てよ〜』

話をすり替え、奏汰の腕を掴むと、左右に揺さぶる。
それは、陽汰の甘え方、である。

『……外食でございますか?』
『ねー、奏ちゃん、良いでしょ?』
『では、姉様。部外者のボクは帰ります。終わり次第連絡――……』
『見学者で良いじゃん。奏ちゃん、お願い(^人^)』
『…仕方ありませんね。今回だけ特別ですよ』
『やたっ(*^^*)』
『ふふっ』

ぎゅう、と奏汰に抱きつく陽汰。
一卵性双生児が抱き合う、貴重な場面なのだが、いかんせん。
2人のシスコンに、引き気味のメンバー達であった。

[*前へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!