[携帯モード] [URL送信]

敵か味方か
_
でも一応助けてもらったから、お礼を言おうと顔をあげると、

「 お前、強いなぁ 。」

そう言って笑顔で頭を撫でられた 。

強い … ? うちが … ?

不思議そうに先輩の顔を見詰めてたら、

「 お前いじめられとるのに泣いてなかったやろ ?
強い子は嫌いやないで 。」

そんなこと初めて言われて 、頭に置かれてる手がすごく温かくて 、安心した 。

久しぶりにこんなに温かい気持ちになって、泣きそうになったのは秘密 。

その頃から蔵先輩とは仲良くなって、マネージャーとして働くことになった 。

多分、蔵先輩に助けてもらった頃のうちなら、女子からの反感が怖くて断ってたと思うけど、その時は力になりたい、そう思ったんや 。

_回想end_

[*前へ][次へ#]

3/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!