[携帯モード] [URL送信]

虹蛇
1p
「さあ、これをお舐めなさい」
「いやだよ、母さん、僕、これ、舐めたくない、だってこれ、毒なんでしょう?」

 薄暗い台所で、いたずらをした子供を母親が叱っている。

 子供は罰を与えられていた。
 それは毒という罰だった。
 なにか叱られる事があるたびに、子供は毒を舐めるように母親から命令されていた。

 透明なガラス瓶に入った琥珀色の毒。

 子供は泣いて許しを請い、毒を嫌がったが、母親は許さない。

 いたずらをしたら毒を与えられる。

 毒という罰を与えられた子供はどうなったのか?





















[次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!