[携帯モード] [URL送信]

love memory

あっ、笑った。
私の前で君が笑った。

゙なあ、なあ゙
そういって甘えた声も

そっと握ってくれた小さな手も

゙結婚しよ?゙
照れくさいプロポーズも

゙また、明日゙
そういって見えなくなるまで
手を振ってくれたあの日々も

゙好きやぞっー!゙
と、みんなの前で叫んでくれたのも


5年も前のことやのに





どうしてあのメモリーは消せないの?



page
one
two
three
four
five
他の女の...
゙いいよ...
席が離れ...
毎日が幸...
゙結婚し...

つぎ

この作品は、小説大賞に応募している作品です。



[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!