[携帯モード] [URL送信]

春、夏、秋、冬の彼ら
4
「こら!なんだその髪は!」
入学式から1ヶ月くらい経った頃、夏実は髪の色を茶色にしたことで教師に呼び止められていた。
「だってセンセ、これが一番気に入ってるもん。中学んときもこれだったし」
受験のときだけは黒くしていた夏実は、そろそろと思い髪をもとに戻したわけだ。
当然校則違反なわけけだ。
こんな夏実でもクラスの男女から好かれているわけであって、たいていはこういう場面に出くわしてもみよながたすけてくれた。
しかしその時に限っては人気のない渡り廊下で、ほとんど人が通っていなく夏実を庇ってくれる人はいない。

≪前へ☆≫
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!