[携帯モード] [URL送信]

短編小説
真夏のプールで3



「し、死ぬかと思った……」



地獄のウォータースライダーから帰還した。


あんなんよく作ったなと言わんばかりの、絶叫アトラクションだった。


とりあえず命が無事だったことを祈りたい。


…………あっ、静歌どうした?












「キャアッ」



「静歌!?」






出口から出てくる静歌



浮かんできたときは、顔だけを水面に浮かべ、何やら顔を赤らめていた。







「うぅ……」



「どうした?」



「今のスライダーで、上の水着が流されちゃった……」



「…………」










あぁ、鬱すぎる


頭を抱えるしかない。


かといって静歌を置き去りにするわけには行かない。


仕方ない、探してみるか



何か行動しようとした俺に……













「えいっ♪」



後ろから静歌が抱きついてきた。


さっきとは完全に違い、生のそれが俺の背中に当たる。



し、しかし静歌、またおまえデカく………ってそうじゃなくて!




「うおっ、静歌!? 何やってんだ!?」



「こうしないと見えちゃうし……」



「だったら水に入って、腕で隠していても………」



「晃輔と一緒にいちゃ、ダメ?」



「うっ……!」



「晃輔ぇ……」



「ぐぐっ……」
















 わ、分かったから静歌、そんな捨てられた子犬みたいに上目遣いで見上げないでくれ……


め、目のやり場に困る。


お、俺が悪かったから涙目+上目遣いは止めてくれぇ!!!










─────…










「晃輔、大丈夫?」



「ぁぁ……」





静歌の水着を見つけるまでの数分間



周りの視線(全て男子)が凄まじく痛かった。



疲れ果てた俺は、しばらくの間机に屈服したままだったのは別の話だ。










─────…














 そうこうしているあいだに、あっと言う間に終了時刻となった



服に着替え、俺と静歌はプールとは反対側にあるテーマパークへと向かう。



兄貴情報によるとここで……



あぁ、予想通りだ。





「………綺麗」



「だろ?」







辺り一面に鳴り響く音



空を見上げれば、様々な色が混ざった花火が打ち上げられていた。



ここの名物らしい



そんな花火を眺めつつ、俺は静歌の手を握る。



静歌も俺に体を預けてくる。






「最近……なかなか一緒に居てやれなくてごめんな」



「ううん、今日は晃輔とずっと一緒にいたし、私は幸せよ♪」



「静歌……」



「私思ったの、晃輔に嫌われてたらどうしようって。最近は全然会えてなかったし、晃輔が忙しいのは分かってはいたんだけど……」



「…………」



「でもね、ようやく分かった。会うだけが恋人じゃないって。会える回数が少なくても、その分愛してもらえれば、それでいいんだって」



「あぁ、そうだな………」



「晃輔………」









背伸びをして唇を突き出してくる静歌



人が居るから、若干恥ずかしいのか


顔がほんのりと赤い。



俺は何も言わず、その唇を塞いだ。



────数分間、じっくりとお互いを堪能した後……














「あ、あのね……晃輔?」



「ん、何?」



「そ、その……こ、この後なんだけど……き、期待しても良いかな?」



「あぁ、期待しててくれ。静歌が良いのなら、いくらでもしてやるさ」



「晃輔♪」



「あぁ」



「もう一回……キスしてもらって良い?」


「もちろんだ。喜んで」













おねだりをせがむ静歌に、俺はもう一度口づけを落とした。


先ほどよりも甘い、長い口づけを





















─────今日はとても甘い














夏の一日─────

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!