[携帯モード] [URL送信]

Main
stain


ガキの頃、


踞った道端で、


綺麗な、花を見つけた。




薔薇のように、艶やかだったわけじゃない。
金木犀のように、薫り高かったわけでもない。





けれどその、小さな白い花が、
オレにはどの花よりも、美しく見えた。



魅入られたオレは、ガキの考えなしな衝動のまま、手を伸ばす。






――己の汚さも弁えずに。


.

[次へ#]

1/118ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!