[携帯モード] [URL送信]

Main
タイミングの神様。


「はぁっ…はぁっ…。」


息を弾ませ、オレは階段を駆け上がる。


全力疾走すぎて、横っ腹が痛い。
かつ、物凄く息が苦しい。


それでも足を止める事無く、オレは駆け上がり続ける。


「っ…」


バァンッ

屋上へ続く扉を、オレは、思い切り開けた。




…で、だ。


皆様に、思い返していただきたい。


さっきオレには、神様的な何かが憑いている気がする、そう思った事を。



…それはきっと、タイミングの神様だ。


良い事も悪い事も、キッチリタイミングを計って、オレにふりかける、タイミングの神様だ。



ヒュッ…ガッ
「!?…ぅわっ!!」


扉を開け、屋上に出た途端、オレの顔ギリギリを、何か掠めた。

弾かれた眼鏡は吹っ飛び、オレもバランスを崩し、思い切り倒れる。


スローモーションの視界の中で、驚いたように目を見開く人と目が合った。


イケメンは、驚いた顔も、格好良いんだねー。


なんて、どーでもいいような事を思うオレに、彼は必死な顔で手を伸ばす。


つか、何でここにいるの?



しずかちゃん。


.

[*前へ][次へ#]

26/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!