[携帯モード] [URL送信]

Main
かわるわよ☆


「……はい、見ました。」

「なら話は早ぇ。…頭貸せ。」

「は??」


スチャ、と青さんは持っていたバックから、何かを取り出す。


「……カラーリング?」

「染めんぞ。」

「はぁっ!?」

持参の新聞紙を敷いて、手際よく青さんは用意を始めた。


「ちょちょ、…オレはまだオッケーなんてして無いっすよ?」

「却下だ。…ちょっと茶髪にするだけだ。グダグダ抜かすな。」

「ぐぇっ」


襟首を掴んで、青さんはオレを引き寄せる。
見た目と違い、怪力なこの人にオレが敵うはずもなく、アッサリ新聞紙の上に座らせられてしまった。


「突然髪染めていったら、その方が目立ちませんか…?」

「地味男がそんな事した位じゃ、誰も気にとめねぇよ。ちょっと、いきがっちゃったんだ、って程度の認識だろ。」

「えぇ!?酷っ!!」

…少し抵抗を込めて抗議したら、一蹴された上に、手酷いパンチを食らってしまった。

そんな生暖かい目で、周りに見られるのも嫌なんですけど!!


.

[*前へ][次へ#]

7/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!