[携帯モード] [URL送信]

中編
終わりと始まりから。‐1
 



 ─── いつか、いつか、あのキラキラと輝いて見えた光景がまた戻れば良いと、何度考え、願い、求め、しかし現実を見ては絶望したのだろう。
 「彼ら」はここに戻らない。
 まるで初めからそうだったように、彼らの視線の先にはたった一人の生徒がいた。
 俺を押し退け、大きな声で俺の存在を吹き飛ばし、彼らを丸ごと根元から引き抜いてしまった。
 「生徒会」という花壇の中に咲いていた花たちはもう消えて、1本の枯れかけた花だけを残しただけだった。
 水も光も栄養もその「花」だった植物に与えられることがなく、ただ朽ちていくのを待つだけ。


 大輪は毒を持っている。
 感覚器官を、精神を、目を、黒く塗り潰してしまうような、とても強い毒を、口を開く度に振り撒いている。
 解毒薬は、たぶん、ない。




 カレンダーを見て思うのは、たった1ヶ月でこの狭い世界を変えた存在に対する何かでも、彼らに対する何かでもなく。
 ただひとつ、今まで考えたことがなかったもので。



 俺は。
 なんで、ここにいるんだっけ。
 なんのために居るんだっけ。
 なんのために動いているんだっけ。



 それまでの俺はどこかへ行ってしまった。
 代わりに、能面のような表情の俺がここに現れた。
 もう、笑顔とか涙とか怒りとか、何だろう。そういう豊かな感情?興味?どうやって表してたんだっけ。
 一体俺は、何をして居るんだっけ。













『もう、無理をしなくて良いんだよ』



 親のように、彼は言った。
 無理をしているように見えるのは仕方のない事だった。俺にとってあれは、地獄と同じだったのだ。
 白い部屋で、彼は泣きそうに歪んだ顔で、小さく深く謝罪した。
 進路の事は心配しなくていい、と、先の事についても色々と手を尽くすという話を、彼はゆっくりと語る。



 俺はただ、その揺らぐ瞳を見つめた。
 光はなかった。意思も希望も欲すらも、きっと彼は感じ取れないだろう。
 思ってもいないことを感じ取れるわけもないのだから。





--------------------
アンチ王道のその後。
一匹狼×元会長
R18


[→#]

1/51ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!