[携帯モード] [URL送信]

中編
名前と中身が合っているとは限らない。
 

 羽田は色々知ってる。
 噂話、人間関係。頭が良いのもあるけど、どっから拾ってくるのか疑問なものまで知ってる。
 見た目は委員長みたいなイメージだけど、こいつは委員長じゃないし、毒舌だし腹黒いし意地悪いし、とにかく質が悪い。
 でも優しいとこもある。ただ優しいだけじゃない、諭すような優しさ。
 男前なメガネだまったく。



「まあ、お前と宇佐見じゃ、正反対だよな」
「え?」


 なにが、と聞くように見れば、羽田は紙パックの紅茶を飲んでいて、考えるような素振りをする。


「お前ゆるい喋り方するわりに、どっちかっつーと、せっかちだろ」
「んー、まあ、そうかなあ」


 確かにまあ、マイペースがサクサク行きたいタイプだから、何かと決めなきゃいけないことはきっちりしたいし、白黒はっきりさせたい感じだけど。


「で、宇佐見はマイペースゆるいだろ」
「…まあ、結構のんびりだね」


 たかが半年、たかが放課後の少しの時間の宇佐見しか知らないけど。
 それでも半年見てきた宇佐見は、マイペースが結構のんびりしてる。動きがゆっくりなわけじゃないけど、なんか雰囲気が緩やかというか。


「宇佐見のあだ名はウサギだし、お前のあだ名はカメだし、あだ名も見た目も正反対だよなって話」
「あー…うーん?」


 俺ってそんなのんびりしてるのかなあ…。しゃべり方は確かに緩いけど。
 宇佐見もあんな雰囲気緩いのに、せっかち寄りに見えんのかな。
 もしかして俺だけ?え、勘違いしてんのかな俺。


「……また百面相」
「ん?なんか言った?」
「なんでもない」


 このやりとり二回目だけど。
 目の前なのに聞こえないとかどんだけ小声なんだこいつ。


「硬派っぽいよな、ウサギ」
「軟派だったら泣くよ俺」
「まあ、ビビるけど泣きはないな」
「……」


 いや、うん、まあ、ビビるけど。あれでチャラかったらマジでビビるけども。
 でも放課後はいつも準備室にいるし、本当に分解組み立てとか好きそうだし、週末も部屋に引きこもってるって言ってたし。


 硬派とか軟派とか以前に、恋愛に興味なさそうだ。


 …うーん。それはそれで複雑。



「…ま、あるよりマシかなあ」
「なにが?」
「こっちの話ー」


 もし、宇佐見に彼女が出来るとしたなら、きっと同じ趣味をもつ子だと思う。たぶん。
 そんな女の子はあんまりいないとも思うけど、人間は腐るほどいるわけで、同じ趣味を持ってる子だって一人二人いるはず。

 どうかそんな女の子と出会いませんよーに。


 羽田の紙パック紅茶をいただきながら、そんなことを思った。


 


[*←][→#]

5/33ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!