[携帯モード] [URL送信]

短編
おまけ
「ねぇ綱紀、この場所、二人の秘密にしよう?」
「うん、もちろん。」

穏やかな風が吹くなか二人は互いに優しく微笑みあっていた。




――――――
本部にて、

「な、何ですか、二人してお揃いの指環なんかして!?」

「ちょっ、綱吉、抜け駆けかい?」

「10代目えぇ(泣)」

「ははははっ(`▽´)仲良しなのな」

「うむ、極限良いことだ!!」

「そ、そうですね。」

「ふふふ、いいでしょお♪てか恭弥、綱紀は俺のだから、抜け駆けも何もないでしょ。」
「黙れパイン。綱吉は俺のだ。ガタガタ騒いでんなよ(黒笑」

「うわぁ、骸君よわぁ(笑)」

「白蘭さん、いくらほんとの事だからって直球過ぎますよ。」

「正一さんも大概酷いですけどね。まぁ仕方ありませんが。」

「みんなして僕の扱い酷くありません!?」

『黙れパイン。』

「クフン(泣)」

終わり

[*前へ]

2/2ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!