[携帯モード] [URL送信]

唯、一度──(MM配信中)



 喉が潤うに従って鋼のは私の真意を計ろうと問い掛けて来て。それを私は鋼のに気付かれない様注意深くはぐらかし、時間を稼いだ。
 熱いお茶に混入させた媚薬は鋼のの無防備な血液に流れ、鋼のを蝕んでいくのをじっくりと待つ。
 次第に鋼のの態度は妙にそわそわとして、落ち着きが無くなり。仕舞いには突然会話を切り、言った。

「……大佐。やっぱ俺帰るわ」
「何故? 用件が済んでないだろう」
「いや、……急用思い出した」

 しどろもどろに告げた言い訳は、真実味が無く、鋼のが今どれだけ冷静では無いか図るには充分だった。

「急用……とは?
上官の話の途中で退席する程の用事なのか?」

 問えば、鋼のは言葉を詰まらせ俯き自らの肩を抱いた。
 自分の躰の変化に気付き焦っているのが見て取れた。
 頬はうっすらと朱に染まり、勝ち気な眸は潤みを帯びている。

「良いだろう。ではまた後日」

 態と大袈裟に溜息を吐き許可すると、鋼のはホッと安堵した様に強ばらせた肩から力を抜いた。



→ next continue‥



[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!