高価な切符


駅員さんはまるでミュージカルに出てるみたいに、節をつけて言った。ぼくはありがとうと言って、階段を降りて行った。

『五十分後ですよ、電車は。お忘れな……』

駅員さんの声はまだ聞こえていた。それは階段を降りるまで続いた。けれど、降りると直ぐに聞こえなくなった。その代わり、改札口のあたりでは人だかりができていて、別の音楽が聞こえて来る。並んでいたぼくに順番が来た。

『はい、君は?』

『あの…ぼく、眠ってて下りる駅乗り過ごしちゃって、一回外に出たいんですけど。それから、切符ないんです。いくらですか?』

そうして、財布を取り出しかけたぼくを駅員さんは笑った。

『君、高価な切符持っているじゃないか』

そういって、ヴァイオリンのケースを指差した。

『え、これ?』

『そうさ、お金なんか何の役にも立たないよ。この町じゃあね。それで演奏してくれるなら、君はここを通ることができる』



[Back][Next]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!