[携帯モード] [URL送信]
家庭教師、来る!




「伊織ちゃん。今日はベビーシッターの先生が来るわよ。」
「べびしったー?」



舌ったらずに返した子供に母、奈々は満足気に笑い教えた。



「ほら見てこのチラシ。『お子さんを次世代のニューリーダーに育てます。年齢・学歴問わず。 リボーン』ね?素敵でしょ?」
「あい!」
「ふふ。じゃあ幼稚園に行ってらっしゃい。」
「行ってまーす!」



多分…、この家にはツッコミはいないだろう。
いるのは天然溢れる母の奈々。
そしてその奈々の天然を受け継いだ幼女、伊織だけ。
奈々がどんなに天然をかましても「あい!」で済ますのが伊織なのだ。

そんな沢田家を遠くから見ていたリボーンは「確かに年齢問わずと書いたがまさか幼女とは……。」と零していた。






「それじゃあ、伊織ちゃん。さようなら!」
「てんてー、さよーならー!」



昼になりA制度の幼稚園児が帰って行く。
奈々に言われたベビーシッターの先生が気になるのか、その足取りは軽い。




「ママ、ただいまー。」
「おかえり。さ、手を洗ってらっしゃい。」
「あい!」



いつも幼稚園でやるようにジャバジャバと石鹸で手を洗う。



「ほう。2歳にしてはうまいもんだな。」
「うぁ?」



後ろを振り向けば、なんと黒ずくめの赤ん坊が佇んでいる。
その赤ん坊を見て一言、



「友達らー。」
「ちげーぞ。俺はリボーン。お前のかてきょーだ。」
「あい!沢田伊織れす!」



そこにヒョッコリ、奈々登場。



「あら?伊織ちゃん、お友達?」
「あい!」
「ちげーぞ。俺は(以下略」




そんなリボーンを奈々は「お昼ご飯どーぞ。」と言ってリビングを行った。




「(本当に大丈夫か…?)」
「ごはーん。」



リボーンは不安を拭えないでいた。
どうなる家庭教師!



[次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!