[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 10





客待ちのタクシーに乗り込んでから、西へ20分程の町。

そこでふたりはタクシーを降りた。

まだ新しい印象を受ける分譲マンションに案内されて、緒方は日比野のプライベートへと、足を踏み入れた。

独身男性の独り住まいにしては、きれいに片付いている。

日比野は昔から几帳面だった。
その片鱗がこの室内にも表れていた。

日比野は暖房のスイッチを入れて、緒方にくつろぐよう促した。

室内は暖房がなくても暖かい。
南向きのリビングにある一面の広いガラス窓を、アースカラーの遮光カーテンが覆っている。
冬でも、日中は陽射しが豊かに注ぐ部屋なのだろうと思えた。

「酒しかないんだけど……」

日比野は、日本酒の瓶を冷蔵庫から取り出してテーブルに置いた。

「これを飲み出してから、他のがあんまり飲めなくてな……。旨いぞ。純米吟醸だ」

ボトルのラベルに『男山』と太々と力強く書かれた銘柄と、日比野の笑顔がぴったりしすぎて、緒方は妙に納得してしまう。

日比野は冷酒グラスを出して緒方にすすめて、それに小鉢の肴を添えた。

「これ、おまえが作ったの?」

目の前に出された惣菜を眺めて、緒方は感心を通り越して驚いていた。

「ああ………なんか、する事なくてな」

「器用なヤツ」

緒方は肴に箸を付けて口に運ぶ。

「美味い」

驚く緒方を見て、日比野は嬉しそうに笑った。




[*前へ][次へ#]

10/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!