[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
不自然な関係 4





陽が傾いてきた。

ゲレンデから眺める羊蹄山の山肌が、濃い朱色に染まって劇的に表情を変えてゆく。

緒方は、すっかり打ち解けた彼女と並んで、その荘厳で美しい景色に圧倒されていた。

「緒方さん」

「うん?」

日没と共に、急激に気温が下がり始める。
吐息が白く凍って、彼女の可愛い鼻の頭がうっすらと赤くなっていた。

「本当はね、わたしの失恋旅行だったの」

突然の告白に、緒方は何も返せないまま、黙って耳を傾けていた。

「好きになっちゃいけないひとを好きになって。でも、どうしても別れなければならなくなって、そのひとと別れたの」

どこかで聞いたような話だと思いながら、緒方は沈黙を守る。

「もう、男の人なんか好きにならないって思って、ずっと泣いてた。そうしたらエリカが誘ってくれたの。泣いていたってどうしようもないでしょう……って」

彼女は、少しだけ潤んだ瞳を緒方に向けた。

「好きなら強引に奪っちゃえ……って、エリカが言ってくれたけど。結局はそんな勇気なんかなくて」

照れくさそうに笑う彼女は、緒方には強がっているようにしか見えなくて。
そんな彼女の想いに切なくなる。

「どうすれば良かったのかなんて、今でも分からないけど……」

足元に視線を落として迷いながら、彼女は再び顔を上げて、眼前の広大な景色を見つめた。
そして、深く息を吸い込んでから、背筋を伸ばした。

「わたし、緒方さんが好きになりました。恋しちゃったみたい」

突然の堂々とした告白に、緒方は驚いた。
それなのに、彼女は思いつめた様子もなく、清々しい穏やかな笑顔を浮かべている。

「優しくて素敵なひとだなぁって思えた。もう男の人なんて好きにならないって思っていたのに……。またこうやって恋してる」

そこまで告白していながら、彼女は一部訂正してきた。

「あ!でも、心配しないで下さい。付きまとったりしませんから」

茫然と立ち尽くしたまま、何も返せないでいる緒方を見て、彼女はクスクスと笑った。

「──何だかすっきりしました。これからは緒方さんに恋をして、前向きになれそうです。こんな素敵なひとがわたしに優しくしてくれたんだぞ……って。何だか優越感……」

彼女は穏やかな表情で緒方に好意を寄せる。

「きっと、ずっと忘れない。素敵な思い出くれたから……。心で想うだけなら、迷惑じゃないでしょう?」

緒方は、彼女の微笑みを見つめながら、大切な何かを教えられた事に気付いた。



恋ってなんだろう。

独りで相手を想い続けるのも恋と呼べるのなら、今の自分の感情にもよく似ている。

友情と思うから整理出来なくなる感情も、それを恋と呼べるのなら、もしかしたらそれが答えだったのかもしれない。

緒方は、日比野への自分の感情に気付いてしまった。



救急車のサイレンの音を聞いただけで、日比野を思い出す。
不意に熱くなる身体を持て余して、眠れない夜もあった。

恐怖の存在だったはずの救急車に、今では甘い感情を誘われている。
おかしな条件反射だと思っていた。

それはやはり、恋心の為せるわざなのだろうかと思えてくる。



ずいぶん日が暮れてきた。
ふたりでゲレンデを降りて、彼女は最後のシュプールをたどってくる。

告白される方も、なんだか切ないものだと知らされた。
告白されてから初めて自分の気持ちに気付くなんて、間の抜けた話だと思う。
本当は、そんな気持ちには気付かない方が、かえって幸せだったのかもしれない。

友情だと思っていた方が、少なくとも心の束縛は受けないでいられたはずで。それなりに女性と付き合って、家庭を築く可能性だってあった。

女房が抱けなかったために離婚したなどと言っているあの男は、実際は女たらしで精力も有り余っている。そんな男に恋した男である自分は、不幸以外のなにものでもない。

緒方が不毛な事を悶々と考えているうちに、ふたりは麓の休憩所の前に到着した。
スキー板を外してまとめてから、彼女を宿泊先まで送った。

ホテルの前で、緒方はスキーを雪の上に立てて、彼女に別れを告げた。
彼女は名残惜しそうに、緒方を見つめた。

「──明日、東京に帰ります。ありがとう緒方さん。図々しいことたくさん言っちゃってごめんなさい」

本当に可愛い事を言う。

緒方は少しだけ気持ちが揺らいだ。

もし、彼女が同じ市内に住んでいたなら、自分も真っ当な恋愛が出来たかもしれない。
そんなふうに考えてしまう。

彼女はふんわりとしたニットの帽子を脱いで、同じようにふんわりとカールした柔らかそうな淡い色の髪を風になびかせた。

「図々しいついでに、ひとつだけお願い聞いてくれますか?」

真っ直ぐな視線が緒方に注がれた。

「なに?」

「──お別れのキスが欲しい」

緒方は驚いた。
それは随分と思いきったお願いだった。

彼女を取り巻く状況や感情から、自分を支える偶像を欲しがっているだけなのだろうと想像がつく。
明日になれば元の世界に帰って、自分たちはまた関わりのない他人に戻ってしまう。
彼女の中の自分は、まるで実在しないかのような存在で。こんな夢のような儚い恋物語の、一片の記憶に集約されるのだろう。

彼女の相手役が自分で良かった。
これが質の悪い男なら、彼女のベッドにまで潜り込んで、夢というより悪夢のような既成事実を与えていたかもしれない。

そんな現実的な事を考えながら、緒方はそっと彼女の両肩を抱き寄せた。

彼女の身体を抱き寄せると、一瞬ピクリと肩に緊張を走らせた。
緒方はその反応から彼女の心情を汲んで、思わず苦笑した。

きっと、男の価値なんか何も分からないうちに、手練れた大人の男に絡め取られたんだろう。
恋愛経験なんて自分と同じで、ほとんどないに違いないと緒方は思う。

緒方は、ゆっくりと顔を向けて、彼女の唇を避けて口の横にキスを贈った。
そして、頬を触れ合わせてから、耳元でそっとささやいた。

「──素敵な恋。見つかるといいね」

緒方の言葉に触発されたように、彼女の呼吸が喘ぐように乱されて、こらえ切れない様子で泣き出してしまった。
それが、苦しかった恋への訣別の涙である事を緒方は察していた。

涙で過去を浄化する彼女から離れて、その泣き顔に穏やかな微笑みを残した緒方は、それ以上の関わりを避けるようにそこから立ち去った。
例え彼女の感情が一時的なものでなくても、その想いに応える事は出来ないと悟っていた。

緒方は、自分の気持ちに気付いてしまった。
日比野に惹かれている事を自覚した自分には、そんなよそ見をする余裕なんてないと思う。

振り返らずに、真っ直ぐ駐車場に向かう。

ホテルの敷地を出たところに、日比野のRV車が待っていた。
車体に寄りかかって、仏頂面の日比野が立っている。

帰ってきた緒方のスキーを受け取って、日比野は緒方の頭を小突いた。

「何だよ?」

「女に手ぇ出しやがって……」

「お願いされたからだよ」

「スケベ」

「おまえにだけは言われたかねーよ!!」

ふたりはそんな言い合いをしながら、ヒーターの効いた暖かい車内に乗り込んだ。

緒方は、すっかり暖まっているシートに座って、日比野がここでずっと待っていた事を知った。

帰ってきたのだ……と実感する。

自分の帰る場所が日比野の傍なのだと感じて、何故かその感じ方を、すんなりと受け入れる事が出来た。



戻る

[*前へ]

4/4ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!