誰かに聞いた怖い話
・・・秘伝5
.
『駄目だ…もう終わりだ…』

主人はもう一度小さく呟くと、小屋の片隅に隠して置いた小さな棒状の包みを取り出し、虚ろな眼をして小屋の外へと出て行ったのだった…

この時主人と道ですれ違った住人の話によると、何やら思いつめた様な表情をして、話し掛けられた事にすら全然気付かずに、ふらふらと歩いて行ったと言う…

そして主人が、夜になっても帰って来る事はなかった…

そんな主人の帰りを夜通し待ち続けた、彼の妻と一人息子の元にその知らせが届いたのは、太陽が天空に昇った頃だったのである



主人の亡骸が見つかったのは、町の外れにある小高い山の山頂付近でだった

彼はどんなに困窮しようとも、決して手放さなかった先祖伝来の小刀を用いて、自決していたのだ

その惨状は、目を覆うものだった

彼は頂上付近のなだらかな斜面に、日本の方角を向いて座り込み、その小刀を左腹に浅く突き立て、右腹に達する迄切り裂いていた

そして、己れの腹から溢れ落ちる内臓を鷲掴み、東の方角に向かって投げつけ…

最期に彼は…右の首筋に鋭利な刃を当て、一気に引き斬っていた

その惨状は、彼の底知れぬ無念さを感じさせ…見る者を震え上がらせたのだった…

[前頁へ][次頁へ]

5/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!