[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
久我山 蓮人 2


久我山には気をつけて。



今朝の龍弥君の言葉がふいに頭に浮かんだ。



「な、何?」



久我山が真っ直ぐに僕を見る。
僕は恐くて後退りしそうになった。



「何か探してたのか?」



えっ?



「う、うん。」



「何を?」



「え、えーと、ポットとか、色々。」



久我山はキョトンとした。



「何で?」



「お湯を沸かそうと思って。」



「何で?」



今度は僕がキョトンとした。



「お茶を淹れようとしたから。」



久我山はやっと合点がいったみたいだ。



「あー。ポットなら確か俺の部屋にあったな。持ってきてやるよ。」



久我山ってキッチンには入った事ないんだろうか?



無さそうだな。



キッチンには調理器具が全くないし。



それにいつも外食してるんだろうな。



男だから料理なんて普通はしないけど。



偏った食事になると身体に悪いんじゃあ。



「柊木、これで良いか?」



見るとTFのポットだった。



1分でお湯が沸くんだ。



形も可愛いんだよな。



「ありがとう。使って良いの?」



「ああ。俺使わないし。」



「久我山、お茶飲む?」



僕は自然に聞いたつもりだったけど、久我山は固まってる。



「久我山?お茶飲む?」



僕は再度聞いてみた。



「あ、あー。」



久我山はソファーに座った。



僕は部屋にお茶の葉を取りに戻った。



棚の前に行き、どのお茶を飲もうか悩んだ。



あっ!



急須もいる。
コップも。



僕は急須と茶葉とコップを持ってキッチンに戻った。



「久我山、コップはどこにあるの?」



「持ってない。」



「えっ?何で?部屋で何か飲まないの?」



久我山は頬をぽりぽり掻きながら言った。



「適当に、いつも缶コーヒーとかペットボトル買うから。部屋で湯沸かして、飲んだ事ねぇ。」



僕は驚いて久我山を見た。
それで生活出来るんだ。



僕は久我山の分のコップを取りに部屋に戻った。



お湯が沸いたから急須に注ぎ、1分待ってコップに淹れた。



「はい、どうぞ。」



「ありがと。」



久我山は照れたように言った。



一口飲むと、顔が綻んだような気がした。



「旨いな。」



普通の煎茶だけど、喜んでくれると嬉しい。



「良かった。」



僕も久我山に笑顔を向けて言った。





[*前へ][次へ#]

2/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!