蒼光を恋うこと


安易に晒した傷口から
徐々に
じくじく
じくじく
と、膿んでいった

都合の良い果実
真っ赤な果実から
ざくざく
ざくざく
と、消費された

アイデンティティ
その手の幻想
夕暮れ
からめとられて
じきに夜が来るよ

たすけて、
子宮に陰る
その悲鳴が
あわいで澱んでは
浅黒く沈着する

誘蛾灯のそれに似た美しさ
けれども、
近づけない


(途方 2009)


[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!