[携帯モード] [URL送信]

FFWP短編
僕!!亡霊!!/アザレアの亡霊パロ【メイ×アルハ】
この廃都市の中、迷い続けた僕と共にいてくれた一人の青年。
彼の黒い翼に守られながら、ーーー暮らしていた。
「この悲劇は…いつまで続くの?」

また、目が覚めた。非日常な、普通の日が…始まる。
もう何年も同じ生活で。心が折れそうなほど辛いのに、慣れてしまったのだろうか、もう何も感じないような気すらする。
「お、もう起きたか。朝ご飯まだだから待ってて」
彼はエプロン姿で起床後の僕を見ながら言う。その後すぐに、何か炒める音が聞こえた。
彼が急いで準備する間に、僕も身支度を整える。お互い忙しくもないくせに、やけに急いでいる。
ちょうど髪をセットし終えると、トーストの香ばしい匂いが漂う。
「ご飯、できたよ」
その優しい声で呼ばれると、僕は身支度を終えてテーブルへ向かう。
「今運ぶから、待ってて」
「うん…!」
色鮮やかな野菜炒めに目玉焼き、熱々のポタージュがテーブルに置かれる。続いて彼が持ってきたもの、こんがり焼けたトーストに塗るのはバターだけのシンプルなものだった。
「うわぁ…!!美味しそう!!」
「そうか?まあ、味はいつもと同じだろうがな…」
そんな風に彼は言う。けれど、彼の料理は僕にとって三ツ星だ。
「いただきまーす」
まずはスープを一口。ちょうどいいくらいに冷めるよう、スプーンですくい息を吹き掛けてから飲む。
「どうだ?」
「美味しいよ!!」
「他のも食べてみてよ」
「うん!」
そう言われ、野菜炒めに手をつける。シャキシャキとした食感と濃いめの味付けが見事に調和している。
続いて目玉焼きにトーストも頬張る。口内に広がる後味と満足感。
「美味しい…!やっぱり、メイメイは完璧だね…敵わないや」
「そんなことないよ、俺にとってアルハは十分魅力的さ」
彼はずるい。照れちゃうけど嬉しい言葉とか、さらっと言っちゃって…やっぱり恥ずかしいかも。
「あの、片付けは僕もやるから…」
僕は席を立ち、空の食器を洗い場に持っていった。

---気配がした。
争いの、終わった戦いから生じる争いの…気配が。
戦争。鉄の臭い。壊れた街。赤にまみれた肉片。
…大好きだった妹。
「んっ、メイメイ…」
思わず抱きついてしまった僕を、彼は優しく受け止めてくれた。
「………あれか。怖かったな」
語らずして全てを把握したらしい。優しいだけでなく頼りになる、まさに理想の男性…僕はそう感じた。
彼は僕の頭を撫で、
「もう大丈夫、俺がいるからな」
と囁いてくれた。
「んぅ、くすぐったいよぉ…」
久しぶりに愛をもらったと実感して、とても嬉しくて…もどかしい。
「可愛いなぁ、アルハは…ベッド行くか?」
「え、えぇ!?」
「冗談」
不安なんて、とっくに吹き飛んでしまった。

---
ぽろゆんをモチーフにしようとしたけどにがゆん気味…?
作業用BGMはびすさんの十面相です。ロベリアさんかっこよき。


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!