[携帯モード] [URL送信]

ロストウォーリア短編
友達の一歩先は/恋/ともパロ【ロゼ→唯♀】
あんたがもし、あんたがもし…僕と同じ気持ちならば…
---
「ねえねえ、見てよ!この子超可愛い!」
「だよね!でも僕はこの子派だなぁ…」
二人の時間は、僕を満たしてくれる。
はじめて気づいた。この気持ちは何だろう…。
「いやいや、やっぱり私はこの子が好き!だって可愛いもん!」
僕から見たらあんたのほうが可愛い気が…って、何考えてるのさ、僕は!
同じ女の子にこんなこと思う僕、やばくね…?
「あ、ローゼちゃん真っ赤だ…可愛いよ」
つぶらな瞳でこちらを見るものだから、思考が止まってしまった。
彼女の笑顔は、考えてたことを全部吹き飛ばす…本当に怖いな。
「そ、そうか!?僕、めっちゃ元気だし、熱もなさそうだけどな…」
「よかった…けどさ、辛かったら無理しちゃダメだよ?」
心臓の音がうるさい。体温も上がってきた気がする。
「や、やっぱり部屋に戻るな!風邪とか引いてたら…うつしちゃ悪いし…」
一緒にいると、僕がおかしくなりそうだ…内心そう思いながら、足早に彼女の部屋を去った。


この気持ちを自覚してしまった日から、ずっと考えている。
こんなの、いけないだろうな…。
それなのに、彼女の言動にふれる度に、僕の気持ちは加速していく。
抱いた想いに素直になれるわけがなかった。
「あ゛ーっ!僕の馬鹿っ…!」
布団にくるまり大声で叫ぶ。こんな気持ち、絶叫とともに飛んでいけばいい…!
でも、そんなんじゃ彼女への気持ちを振り切ることはできない。
それに気づいたとき、我にかえる。そして、この声が誰にも聞こえてないことを祈った。
「何でお前なんだよ…」
瞳を閉じると、浮かぶのは彼女の顔だけだ。
それが辛くて―嬉しかった。


考えに考えて、僕の結論はこうなった。
やっぱり、自分の気持ちに嘘はつけない。相手が誰だとしても…。
いつか僕が他の誰かを好きになっても、今の気持ちは間違っていないはずだ。

―君が、唯凪が好きだ。

明日会ったら、伝えてみようかな。
このごく普通の気持ちをさ。
---
あんたがもし、あんたがもし、僕と同じ気持ちなら。
―全てを乗り越え、通じ合えると思うんだ。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!