[携帯モード] [URL送信]

ロストウォーリア短編
子供はもう寝る時間【蒼杏】*
娘たちや息子は子供部屋で寝ている。ここには俺たちしかいない。
これはチャンスだと思い、隣に腰かける恋人に声をかける。
「蒼月…」
きゅっと相手の裾をつかみ、目線は少しそらして。
ちょっとの不安と大きな期待を抱きながら、おそるおそる想いを声に出していく。
「その…したいな?俺たちってなかなかこういうことできないし…」
上目遣いで無防備に誘う杏寧。それに蒼月が反応しないわけもなく。
「いいけどさ…声出すなよ?」
いつもより低めに囁いてくると同時に、蒼月の目つきが変わっていく。飢えた獣のように。
「もちろん」
短く返事をする杏寧だったが、内心とても不安だった。
蒼月の攻め立ては激しい。とても無言でやり過ごせるものとは思えなかった。
しかし、蒼月はすぐに杏寧を押し倒したので、後戻りはできない。
「そら…ん、ぁ…」
「…んっ」
深い口付けを何度も交わし、互いの衣服に手をかけていく。
「ま、待って…」
「ダメだ、待てない」
杏寧の制止も聞かず、蒼月は身体の下のほうへと責める手を進めていく。
「あっ…!」
腹の下、大きくなった自身の近くにその指は到達。
入り口を指でつつかれると、そのまま入れられ解されていく。
「ぐあっ…」
「声抑えろって…」
そう言いながらも指を増やし、中でバラバラに動かしたり、引っ掻いてみたりされるので、余計にこらえるのが難しくなっていく。
「ぁ、な、中、いい…」
「だろ…?」
小声で言う杏寧。それを見た蒼月はもっと煽られていく。
「…そろそろ本番、入れるけど…いいよな」
「いいよ…」
子供が見るにはまだ早い、この光景。
―――夜はまだ終わらない。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!