[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
百合子のお返事まとめその1

※ 七尾百合子「恭文さん、子作りしてください!」

恭文「いきなり何言ってんの!?」

百合子「あ、ごめんなさい間違えました。恭文さん好きです、だから子作りしてください」

恭文「何にも変わってないから!告白だとしてももっとやり方あるでしょうが!もっと段階踏んでいくべきでしょうが!!」

百合子「わ、わたしだってそういう気持ちはあります。でも、もし1時間後に宇宙怪獣が空から降ってきて東京が焼け野原に
なったら悠長に気持ちを伝えている場合じゃないですし、だったら最初からクライマックスでいかなきゃ駄目だと」




恭文「だから落ち着け! ……ただ、最初からクライマックスには同意だ。やっぱいいよね、電王」

百合子「はい! 私にとって、野上良太郎さんは小さい頃のヒーローで……って、話を逸らさないでください!」

恭文「……とにかくだよ。好きって言ってくれるのは嬉しい。百合子が本気なら、ちゃんと考えるよ。
フェイト達とも相談するし。でも……あの……いきなり子作りとかはないから! そこだけは落ち着こう!」

百合子「でも、フィアッセさんは子作りしようーって」

恭文「その前段階があったからね!? ま、まずはデートとか……そうだよ、もっと百合子のことが知りたいな。それからでも遅くは」

百合子「でも、ともみさんにも協力してもらって……いろいろ、勉強してきたんです」

恭文「ともみぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」





※ >百合子「でも、フィアッセさんは子作りしようーって」

>恭文「その前段階があったからね!? ま、まずはデートとか……そうだよ、もっと百合子のことが知りたいな。それからでも遅くは」

>百合子「でも、ともみさんにも協力してもらって……いろいろ、勉強してきたんです」

>恭文「ともみぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」


百合子「……恭文さん、見てください。これともみさんに選んでもらったんです」

恭文(百合子はそう言ってシャツを脱ぎ、ブラに包まれた胸をさらす。止めなきゃけないのに、結局見入ってしまっている自分が恨めしい)




百合子「どう、ですか?」

恭文「奇麗だよ。青いラインが、百合子の髪にも合ってて……って、そうじゃない! あの、百合子」

恭文(戸惑っていると、百合子は僕へ飛び込み全力のハグ。それで形のよい胸が押しつけられ、同時に心臓の鼓動も伝わってくる。
……痛みを連装するくらい、百合子の胸は高鳴っていた)

百合子「……言いましたよね、最初からクライマックスだって。恥を……かかせないでください。私は今日、恭文さんに全部を捧げたいんです」

恭文「百合子」

百合子「好きです、恭文さん。だから……私を抱いてください。私の全部で、この気持ちを伝えますから」

恭文(そう言いながら、百合子が目を閉じる。……そのいじらしい誘いには、僕からの抱擁と、頬への口づけで返した)

恭文「まずはここから……でも、怖くなったら無理しなくていいんだからね」

百合子「……はい」





※ >百合子「好きです、恭文さん。だから……私を抱いてください。私の全部で、この気持ちを伝えますから」

>恭文(そう言いながら、百合子が目を閉じる。……そのいじらしい誘いには、僕からの抱擁と、頬への口づけで返した)

>恭文「まずはここから……でも、怖くなったら無理しなくていいんだからね」

>百合子「……はい」


恭文(続いて反対側の頬に口づけ、百合子を抱き寄せる力をほんの少し強くする。
受け入れてくれたのを確認してすぐ目の前にある百合子の唇を奪う)

百合子「んん…」

恭文(わずかに漏れる吐息。だけど百合子は決して嫌がらない。それから何度も触れるだけの口づけを繰り返し、その度に押し付けられる胸の弾力を、
鼓動を強く感じる……百合子の背中を抱きしめていた右手を放して僕と彼女の間に潜り込ませる。恐がらせないように、優しく彼女の胸を撫でた)




百合子「温かい……嬉しいです……優しく、してくれて」

恭文「痛くは、ないんだよね」

百合子「はい。だから、このまま」

恭文「分かった」

恭文(百合子とまたキスを繰り返しながら、左手も胸に添えて……その形を確かめていく)





※ 百合子「温かい……嬉しいです……優しく、してくれて」

恭文「痛くは、ないんだよね」

百合子「はい。だから、このまま」

恭文「分かった」

恭文(百合子とまたキスを繰り返しながら、左手も胸に添えて……その形を確かめていく)



◆◆◆◆◆


百合子「ん…ああん…」

恭文(キスの合間に零れる甘い声。胸の先っぽの柔肉は下着の上からでも分かるほど硬くなっていく)

百合子「可愛いよ、百合子」

恭文(その声をもっと聴きたくて、キスの場所を唇から首筋、胸へとシフト。水音が響き渡り、下着が透けるほど、丹念に攻め立てていく)




恭文(百合子の柔肉が透けて見えて、形のよい胸と合わさり扇情的な色を見せる)

百合子「恭文、さん……」

恭文「ごめん……下着、汚しちゃった」

百合子「大丈夫です。でも、どうしよう。想像以上に、凄いというか……甘いというか」

恭文「もっと続けていい?」

恭文(百合子が恥ずかしげに頷いたので、下着を軽くずらす。……百合子の胸を……その全てを晒してもらいながら、今度は直接触れ、味わう)

百合子「あ……これ、直接だともっと」

恭文(百合子が僕を抱き締めながら、甘い声を吐き出し続ける。それに興奮し、愛撫を継続。
……百合子、どんどん心臓が高鳴ってる。だから僕も、もっと――)






※ 百合子「あ……これ、直接だともっと」

恭文(百合子が僕を抱き締めながら、甘い声を吐き出し続ける。それに興奮し、愛撫を継続。
……百合子、どんどん心臓が高鳴ってる。だから僕も、もっと――)

◆◆◆◆◆

百合子「あぁっ!恭文さんに舐められるの、甘くて、熱くて…とろけそうで……!」




恭文「怖くない?」

百合子「はい……それに、嬉しいです。やっぱり恭文さん……あぁ……!
フェイト、さんや……フィアッセさん達みたいに、大きい方が好き……ですし」

恭文(なぜ断定するの……!?)

恭文「百合子も十分大きいよ。形も奇麗で、フワフワしてて……甘い味がして美味しい」

百合子「あ…………! 舌、先っぽではじか、れると……それ……それぇ――」

恭文「ありがとう、触れさせてくれて」

百合子「本当……です、か?」

恭文「うん……仕方ないなぁ。百合子が信じてくれないなら」

恭文(一旦百合子への愛撫をやめると、百合子は慌てた様子で一歩踏み出してくる)

百合子「ち、違うんです! スタイルもそうだし、成熟した魅力とか……私にはなくて! だから」

恭文「百合子には、僕が興奮しているって突きつけながらエッチしよう」

百合子「え……」

恭文(僕もさっと服を脱ぎ、百合子に触れることで……高ぶっていた僕自身を晒す)

百合子「……!」

恭文「百合子、触ってみて」

百合子「は、はい……」

恭文「爪を立てるとか、乱暴にしない限りは大丈夫だから」

恭文(百合子の細い指が絡みつき、その柔らかくも甘い感触に息が漏れる。
……百合子が意図を察し、両手でそっと撫でてくる。それに心地よさを感じながらも愛撫再開。
勃起し始めた柔肉を左右交互に味わい、吸い立てながらも舌で弾く)

百合子「あぁ……! そ、それ……凄いです! それに恭文さんも……触ってると、分かります……私の体、本当に……魅力、的に……」

恭文(両手で愛撫し、口づけを送り……刺激を途絶えさせないよう心がけながら、百合子に頷く)

百合子「嬉しい、です……もっと、続けて……くれますか?」

恭文(もちろん……水音が響くほど百合子の胸を味わうと、百合子の甘い声と初々しい反応がどんどん強くなっていく。
その様子に気持ちがどんどん高ぶり、僕自身も硬度を増す。百合子もしがみつくように触れてくれて……それが、心地よくて)





※ 百合子「嬉しい、です……もっと、続けて……くれますか?」

恭文(もちろん……水音が響くほど百合子の胸を味わうと、百合子の甘い声と初々しい反応がどんどん強くなっていく。
その様子に気持ちがどんどん高ぶり、僕自身も硬度を増す。百合子もしがみつくように触れてくれて……それが、心地よくて)


◆◆◆◆

百合子「んぁぁ…はぁはぁ…ごめんなさい、私もう」

恭文「いいよ、イッテ。僕も百合子の手の中に出すから」





恭文「あ、でも……体が汚れるの、嫌とかなら」

百合子「だ、大丈夫です。だから、一緒に……イク……イキ、ますぅ……!」

恭文(百合子の手淫がペースを上げる。僕もそれに合わせて、愛撫とキスを強くして……)

百合子「ああああああぁぁぁぁ!」

恭文(百合子が背を逸らし、柔肉をひときわ固くしながら絶頂……それに合わせ、僕も枷を外す。
僕達の間に欲望が離れ、百合子のお腹周りを熱く汚す)

百合子「あ……熱いのが、はぁ……はぁ……はぁぁぁぁぁぁ」

恭文「百合子、ありがとう……気持ちよかったよ」

恭文(百合子の瞳に涙が溜まっていたので、安心させるように触れるだけのキスを何度も送る。
そっと舌先を出して、答えてくれる百合子……百合子はそのまま、僕のを慰めるみたいに撫でてくれて)

百合子「私も、その……気持ち、よかったぁ。一人で……恭文さんのことを想像しながらするのと、全然、違って」

恭文「僕のこと、そんなに考えてくれたんだ」

百合子「はい。結婚してるし、子どももいるって分かってるのに……妄想が、止まらなくて。だから、その……立って、ください」

恭文(百合子に促されるまま、ベッドの上で立つ。すると百合子は自分のお腹に突いた分もすくい、白く汚れた手を舐め始める)

百合子「ん……」

恭文「無理しなくていいよ。食べ物じゃないんだし」

百合子「大丈夫です。これも、想像してて」

恭文(手を奇麗にしてから、百合子は僕のお腹にキス……体にかかった欲望を、丁寧に舐めてくれる。
その感触が少し恥ずかしくて、震えてしまう。そうして百合子の手は、再び僕のを握り……)

百合子「こういうことも、妄想……していたんです」

恭文(そう言いながら僕自身に舌を這わせてきた。その感触にゾクゾクしていると)

百合子「そ、それでバナナを使って、練習もして……その成果も、見てくださいね」

恭文(百合子は僕のを口に招き入れ、上目遣いでご奉仕開始……あぁ……先っぽ、百合子の舌で舐め回されてる。
その上で軽く吸って、欲望の残滓も……丁寧に、味わってくれて)

恭文「百合子……気持ちいい。とってもいいよ」

恭文(百合子は嬉しそうにほほ笑みながら、更に継続……どんどんペースを上げ、僕を責め立ててくる。
それが嬉しくて、百合子の頭を優しく撫でながら……左手で、形の良い乳房を揉み、優しくいじめてあげる)

百合子(恭文さんの、熱くて、固くて……先っぽから出ている愛液も、変な味って言えばそうなるのかな。
もちろん、赤ちゃんの種も……でも、美味しい……♪ 少し甘い感じがして……私の拙い愛撫で吐き出してくれたから、余計に嬉しいの。
恭文さんが褒めるみたいに、頭を撫でてくれるのも合わせて……胸をいじめられるのも、プラスして、嬉しくて幸せ。
自然と夢中になって、お尻を上げてしまうと……恭文さんの右手が、背中やお尻も撫でてくれる。
熱い手に触れられるとゾクゾクして、お口でのご奉仕は更にヒートアップ。美味しくて、たくましい……恭文さんの大事な場所を、めいっぱい味わっちゃう)






※恭文「百合子……気持ちいい。とってもいいよ」

恭文(百合子は嬉しそうにほほ笑みながら、更に継続……どんどんペースを上げ、僕を責め立ててくる。
それが嬉しくて、百合子の頭を優しく撫でながら……左手で、形の良い乳房を揉み、優しくいじめてあげる)

百合子(恭文さんの、熱くて、固くて……先っぽから出ている愛液も、変な味って言えばそうなるのかな。
もちろん、赤ちゃんの種も……でも、美味しい……♪ 少し甘い感じがして……私の拙い愛撫で吐き出してくれたから、余計に嬉しいの。
恭文さんが褒めるみたいに、頭を撫でてくれるのも合わせて……胸をいじめられるのも、プラスして、嬉しくて幸せ。
自然と夢中になって、お尻を上げてしまうと……恭文さんの右手が、背中やお尻も撫でてくれる。
熱い手に触れられるとゾクゾクして、お口でのご奉仕は更にヒートアップ。美味しくて、たくましい……恭文さんの大事な場所を、めいっぱい味わっちゃう

◆◆◆◆◆


百合子(ん…ヤスフミさんの先っぽからいっぱい出てきた…プルプル震えて…たぶ、もうすぐイッチャうんだ。

そう思ったらまたヒートアップ。恭文さんの子種が早く欲しくて、もっと激しくしちゃう)




恭文「百合子……もう、僕」

百合子(恭文さんには大丈夫だと、上目遣いでサインを送りながら行為を続けると――)

恭文「イクよ――!」

百合子(そのまま……衝動のままに、子種を吐きだしてくれる。熱くてどろりとした濃厚な舌触り。それを口いっぱいに受け止め、少しずつ飲み干す。
少し苦しいけど、私で気持ちよくなってくれたのは嬉しくて。
だから全部……出し切れなかった分も吸い出してから……まだ高ぶり続ける恭文さん自身を解放する)

恭文「……百合子、凄くよかったよ。でも」

百合子「大丈夫です。……ともみさんから、いろいろ教えてもらって……よかったです」

百合子(も、もちろん実践は恭文さんが……でもまだ元気。とっても……固いままで)

恭文「なら、僕ももっと百合子に感じてほしい。お返し……したいな」

百合子「……はい」

百合子(……それを見ているとお腹の中がどんどん熱くなってくる。その衝動に従い、パンティーを脱ぐ。
そうしてベッドに腰を落とし、足を開いて……既に濡れた秘所を晒す)

百合子「どう、ですか。私の……変じゃ、ありませんか?」

恭文「変じゃないよ。とても奇麗だよ」

百合子「あ、ありがとうございます。なら……どうぞ……お好きな、ように……!」





※ 百合子「どう、ですか。私の……変じゃ、ありませんか?」

恭文「変じゃないよ。とても奇麗だよ」

百合子「あ、ありがとうございます。なら……どうぞ……お好きな、ように……!」


◆◆◆◆


百合子(私の秘所に、茂みに、恭文さんの鼻先と吐息が触れる。それだけで恥ずかしさと気持ちよさと喜びが全身を駆け巡る)

恭文「百合子、一つお願いがあるんだけど

百合子「は、はい」

恭文「百合子の太ももで、僕の頬をきゅって挟んでくれるかな」




百合子「えっと……こう、ですか?」

百合子(加減が分からないので、太股で挟んでくっつける感じにしてみる。……恭文さんの頬、すべすべ。
そう言えば髭も生えないし、たばことかも吸わないから……外見通りに子どもみたいな肌艶だ)

恭文「うん、ありがと。百合子の太股、柔らかくて気持ちいい」

百合子(そう言って両手で私の太股を撫でながら、そっと……秘所にキスをくれる。
最初は軽い口づけから始まり、ほぐすように舌が……電気のような痺れが走り、つい背を逸らす)

百合子「ひゃん! あ、あああああ……あ……!」

恭文「続けて大丈夫?」

百合子「は、はい……」

恭文「百合子のここ、もうジュースが溢れてきてるよ。とっても美味しい」

百合子(私も同じようなことをしたし、言ったけど……自分がされると凄く恥ずかしい!
あ、でも……それ以上に、気持ちいいよぉ。本当に……自分でするのと全然違う。
恭文さんに私の……大事な場所やいやらしいジュースを味わってもらうの、ゾクゾクして……いっぱい、いっぱい喘いでしまう)






※恭文「百合子のここ、もうジュースが溢れてきてるよ。とっても美味しい」

百合子(私も同じようなことをしたし、言ったけど……自分がされると凄く恥ずかしい!
あ、でも……それ以上に、気持ちいいよぉ。本当に……自分でするのと全然違う。
恭文さんに私の……大事な場所やいやらしいジュースを味わってもらうの、ゾクゾクして……いっぱい、いっぱい喘いでしまう)

◆◆◆◆

恭文「百合子、こっちまでびしょびしょになってるね」

百合子(快感に悶える私は喘ぎながら腰を浮かせてしまう。そうして腰を浮かせて
晒してしまったお尻のいけない場所にも、恭文さんの指が入ってきて)





百合子「あ……!」

恭文「するって入ったね……でも無理ならすぐにやめるよ」

百合子「それは、大丈夫……です。ともみさんとも……フェイトさん達も、そこで、エッチなこと……してるんですよね」

恭文「うん」

百合子「あ、赤ちゃんが出来る場所じゃないけど……でも、恭文さんになら……」

恭文「ありがとう。じゃあ、優しくいくから……痛くなったらすぐに言ってね」

百合子「はい……」

百合子(すっごく恥ずかしくなりながら、そのまま恭文さんのピストンを行けない場所で……変わらない口づけを秘所で受けていく。
両太股で恭文さんの顔をぎゅってしながら、二重の刺激が心地よくて身もだえる)

百合子「あん! それ……凄い、です! 痛くない……ゾクゾクして、心地いい、ですぅ……」

百合子(私、コレで……いけないところでもエッチできる子に、なっちゃうのかなぁ。
それで恭文さんは忍者さんでもあるから、分身で……だ、大丈夫。そういう妄想もしていたから。
それにこんなに優しく、大事にしてくれるなら……私、ちゃんと応えたい)








[*前へ][次へ#]

5/6ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!