[通常モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
3



ダダダダダッ…



ダッシュ。とにかくダッシュ。何がなんでもダッシュ。
咬み殺されるとしても、廊下を走るしか…
間に合う方法がない。



「…?コーヒーの匂い…!」


コーヒーの匂いを辿っていけば、ツナと京子がいた。

リボーンは…
この中だなι
恭弥先輩に怒られたって知らないぞ。


そうこう考えている内にツナと京子は体育館に向かってしまった。


「あ!ヤバッ」


私も急いで二人に着いていった。



──ツナが扉を開けると
ツナを期待する人からの喚声。

恭弥先輩が見たら、群れすぎ、とか言って咬み殺しそうな人の数だな…





「…!」

体育館の中に入ると、少しだけど煙草の匂いがした。
匂いがする方を見ると…


懐かしい、彼。
私には気付いてないみたい。




「久しぶり、

隼人君」





「…
あれがファミリーの10代目か…

…!?」



私は隼人君にポケットの中に入れておいた小石を投げた。勿論、彼に当てる為ではなく
彼の吸っている煙草の火を消す為だ。

それでやっと、彼が私に気付いた。







(蝶、か?)

(久しぶりだね)

[*前へ][次へ#]

3/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!