[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
変わったコト





マフィアのボス───…裏社会に君臨する闇の支配者


何人もの信頼できる部下を片手で動かしファミリーのためならみずからの命をはることもいとわない
彼のまわりには信望と尊敬の念がとりまきスラムの少年はヒーローとあがめたてる…





「へぇ、そうなのか」

「おまえが無理矢理読ませてんだろ!!」

「まあまあ」


ツナが読んだのは

マフィアのすべて

と書いてある本だ。
リボーンが銃を突き付けている為、ツナは青褪めた顔で読んでいた。



「毎朝読めよ
おまえはファミリーの10代目ボスになる男なんだからな」


「冗談じゃないっていってるだろ!?マフィアのボスになんて絶対なるもんか!」


…結局、マフィアのボスになってしまうんだが。



「心配いらねーぞ、あとはこっちで勝手にやるから」



ヂャゴンッ




リボーンは武器の整備を始めた。笑顔で。



「めちゃめちゃ心配だよ!」







(ツナ、学校行こう)

(ぁ、うん!)

[次へ#]

1/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!