[携帯モード] [URL送信]

(´Д`)ノ小説
カノ→シンアヤ

これは…?


そこは自分がやめたはずの¨学校¨

そこに自分が懐かしい制服をまとい、立っている。

なんで?なんで、

「シンタローっ♪」

「アヤノ…っ」

もう会えないはずのきみがそこにいる。

「どうしたの?シンタロー?」
「…もう一度、お前と会いたかったっ!アヤノ…っ!」

「…あたしもだよ」


懐かしい暖かい笑顔。

夢でもきみと会えた。

俺はアヤノに近づき、抱きついた。

アヤノはびっくりした顔を一瞬したが、頬を赤くして抱きしめかいした。

そして、深い深いキスをした。

「…アヤノ…抱いてい?」
「……うん。」






†††††††††††††

「こんな嘘つくんじゃなかった」

そんなつぶやきは闇へと消える

シンタローを欺いた。

もし、愛する死人、いやお姉ちゃんが現れても僕を選んでくれると思ったから…




シンタローはお姉ちゃんを選んだ。

「じゃあ、僕はお姉ちゃんの嘘を欺く必要ないよね…」


嫉妬






破壊


僕はま




た欺く…。



[*前へ][次へ#]

6/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!