[携帯モード] [URL送信]

RAPTORS

 七年前に通った道は、あの頃と殆ど変わっていなかった。
 真実を見たくてこの空を渡ったあの日。
 あの頃はこんな運命など想像もしなかった。
 小刻みに震える小型の飛行船の振動。それもあの時のまま。
 北側に、空に浮かぶ小島が見えた。
 故郷の東谷(あずまや)島。
 東軍の本拠地だ。
 そもそも、東軍は地の民の子孫だ。
 何百年と続く、天と地の戦争。その中で天に捕まり捕虜となった兵や、攫われて奴隷にされた人々が集結し叛乱した――それが東軍の始まり。
 今となっては憎しみ合いの連鎖でしかないのでは、そう縷紅は思う。
 それを断ち切るのが自分の役目ではないだろうかと、この数年考えるようになった。
 それは天と地双方の国と東軍を知るからこそ。
 そして、自分に流れているのは紛れもなく天の血だからだ。紅い髪がそれを証明している。
 実際のところ、自分はこの国が好きなのだろうと思う。
 宇宙(そら)に近いこの国が。
 飛行船は静かに着陸した。
 辺りは緑の草原。その向こうに、囲いが張り巡らされた 集落がある。
 それが東軍の街だ。
 縷紅は飛行船から降りた。
 強い風が吹き付ける。
 風に、被いている衣が攫われないように内側から掴んだ。
 そうしながら野原を歩く。
 ここを駆け抜けた自分は確かに幼かった。
 世界は変わると信じていた。自分は変えられると思っていた。
 犠牲の数など知らずに。
 今ここを歩くのは、生き抜いて欲しい人がいるから。
 世界は変わる。
 世界を変える。
 そしてそれ以上に、“守る”ということを知ったから。
 自分にとっても、東軍にとっても、そして彼らにとっても、これが最後の戦いになるように。
 七年前に軍の扉を叩いたその手で。
 東軍の扉を叩いた。



[次へ#]

1/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!